清文社のオンラインストア

中小企業の事業承継

12訂版/図解&イラスト 中小企業の事業承継

  • 税理士 牧口晴一 著
    名古屋商科大学大学院教授 齋藤孝一 著
発行
2021年05月26日
判型
A5判/576頁
ISBN
978-4-433-72651-5
定価
3,300(本体:3,000円)

買い物かごに入れる

概要

「財産権」と「経営権」の事業承継の基礎から応用、さらには総合策まで、事業承継の流れに沿ってわかりやすく解説。

目次

序章 「事業承継」・「相続」の最近の動き

 1.「4つの先」のメリット・デメリット

 2.M&A手数料への不信・・・マッチングサイトの増加

 3.M&Aでの中小企業の売値は独特の決め方

 4.中小企業ではM&Aはオーナーの相続の問題

 5.中小M&Aの王道は「事業譲渡」という方法

 6.中小M&Aでは「株式譲渡」は使われなくなった

 7.分割型分割M&Aで節税もできてしまう!

 8.令和3年度税制改正 株式交付でM&A進む

 9.「事業再構築補助金」6,000万円でコロナ対応

 10.補助金申請に必須の「事業計画」は平時も

 11.認知症で後見人を選任すると大変なことに

 12.相続放棄する程ではない借金は銀行と交渉

 13.認知症の相続人には「特別代理人」を充てる

 14.「代償分割」で「配偶者軽減」をゲット!

 15.「小規模宅地の特例」を長男がWで受ける!

 16.代償金は二次相続で消えてしまう!

第1章 根本の定款(会社法)を学び直す!

第2章 「一般社団法人」・「一般財団法人」に移す

第3章 相続全体の理解

第4章 節税体系の基本

第5章 自社株の評価方法

第6章 節税方法の基本

第7章 節税の応用対策

第8章 納税の対策

第9章 経営権のための基礎 第二の遺言

第10章 経営権維持の応用1(非支配株主対策)

第11章 経営権維持の応用2(事業承継対策)

第12章 新たなる移転の「方法」としての「信託」

第13章 M&Aの応用・組織再編

第14章 グループ法人課税と清算課税

第15章 「経営承継円滑化法」と自社株の納税猶予

第16章 高度なアイデアによる提案

第17章 医業承継税制の創設と平成29年10月1日一部改正

第18章 アーカイブス

著者紹介

牧口晴一
 昭和28年生まれ 慶應義塾大学卒業。税理士試験5科目合格。名古屋大学大学院法学研究科 博士課程(前期課程)修了 会社法専攻 修士(法学)。法務大臣認証「事業承継ADR(裁判外紛争解決手続)」調停補佐人 牧口会計事務所所長、株式会社マネジメントプラン 代表取締役社長。

齋藤孝一
 昭和24年生まれ 早稲田大学卒業。法学博士。税理士試験5科目合格。日本公認会計士協会準会員。名古屋大学大学院法学研究科 博士課程(後期課程)単位取得。名古屋商科大学大学院専任教授、MAC&BPミッドランド税理士法人 ミッドランド税理士法人理事長、株式会社マックコンサルタンツ代表取締役社長兼会長、TKC全国会会員。

著者の共著紹介
『イラストでわかる中小企業経営者のための新会社法』2006年3月 経済法令
『逐条解説 中小企業・大企業子会社のためのモデル定款』2006年7月 第一法規
『イラスト&図解 中小企業経営に活かす税制改正と会社法』2007年10月 経済法令
『組織再編・資本等取引をめぐる税務の基礎(第4版)』2020年12月 中央経済社
『事業承継に活かす従業員持株会の法務・税務(第3版)』2015年12月 中央経済社
『非公開株式譲渡の法務・税務(第7版)』2021年6月 中央経済社
『事業承継に活かす持分会社・一般社団法人・信託の法務・税務(第2版)』

                          2018年10月 中央経済社
『事業承継に活かす納税猶予・免除の実務(第3版)』2019年8月 中央経済社
『決算書は役に立たない!経営計画会計入門』2019年9月 中央経済社