連結納税採用の有利・不利とシミュレーション

新版 連結納税採用の有利・不利とシミュレーション

  • 公認会計士・税理士 足立好幸 著
発行
2018年10月19日
判型
A5判432頁
ISBN
978-4-433-61098-2
定価
3,740(本体:3,400円)

買い物かごに入れる

概要

Excelを利用したシミュレーション・シートにより、連結納税を採用した際の連結納税額や、税効果会計の繰延税金資産の有利・不利等が判定できる。

目次

第1章 連結納税制度の概要
第2章 連結納税による税効果会計
第3章 連結納税の会計処理
第4章 シミュレーションのための連結納税の有利・不利
第5章 『税金コストのシミュレーション』のケーススタディ
第6章 『繰延税金資産の回収可能性のシミュレーション』のケーススタディ
第7章 連結納税のシミュレーション結果と採否決定の考え方、

採用するにあたっての検討事項

著者紹介

足立好幸(あだち よしゆき)
公認会計士・税理士。税理士法人トラスト
連結納税を専門にグループ企業の税制最適化、企業グループ税制に係る業務を行う。
<主な著書>
『グループ法人税制Q&A』
『M&A・組織再編のスキーム選択』(以上、清文社)
『連結納税の組織再編税制ケーススタディ』
『連結納税の税効果会計』
『ケーススタディでわかる連結納税申告書の作り方』
『連結納税の欠損金Q&A』
『連結納税導入プロジェクト』(以上、中央経済社)など。