建設業者のための 独占禁止法入門

平成21年6月改正対応 建設業者のための 独占禁止法入門

  • 弁護士 渡邉 新矢 監修
    弁護士 大軒 敬子 執筆
    弁護士 坂井 雄介 執筆
    弁護士 大東 泰雄 執筆
発行
2009年08月14日
判型
A5判112頁
ISBN
978-4-433-36559-2
定価
1,540(本体:1,400円)

買い物かごに入れる

概要

■課徴金制度の見直し、不当な取引制限等の罪に対する懲役刑の引上げなど、本年6月改正の独占禁止法に対応!
建設業にありがちな事例を、豊富な図表・イラストをまじえカンタン解説!

目次

第1章 独禁法と建設業
独禁法とはどのような法律か…
平成21年改正独禁法の概要…etc

第2章 談合と建設業
談合はどの時点で成立するのか…
同業者の受注意欲を確認しただけでも談合になる?…etc

第3章 不公正な取引方法と建設業
採算割れでの応札は独禁法に違反するのか…
組合経由以外の販売を禁止した場合…etc

第4章 独禁法違反に対する制裁
課徴金の金額はどのように決まるのか…
営業停止の期間…etc

第5章 公正取引委員会の調査手続
立入検査はどのようなものか…
事情聴取の際の心得は…etc

資料

著者紹介

■監修者紹介
渡邉 新矢(わたなべ しんや)
弁護士
昭和54年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。昭和59年米国コーネル大学ロースクール卒業。
現在、外国法共同事業ジョーンズ・デイ法律事務所パートナー。『Q&AでスッキリわかるIT社会の
法律相談』(一部監修)(清文社)、『独占禁止法の法律相談』(共著)(青林書院)などのほか、書籍・
論文を多数執筆。
第二東京弁護士会経済法研究会代表幹事、日本弁護士連合会独占禁止法改正問題ワーキンググループ
委員

■執筆者紹介(五十音順)
大軒 敬子(おおのき たかこ)
弁護士、上智大学法科大学院非常勤講師
平成16年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。現在、ホワイト&ケース法律事務所に所属。
第二東京弁護士会経済法研究会会員、米国商工会議所Competition Policy Task Force委員

坂井 雄介(さかい ゆうすけ)
弁護士
平成15年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。現在、木挽町総合法律事務所に所属。
第二東京弁護士会経済法研究会会員

大東 泰雄(だいとう やすお)
弁護士
平成14年弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。本書脱稿時、のぞみ総合法律事務所に所属。
第二東京弁護士会経済法研究会会員