税法学  №562

税法学  №562

  • 日本税法学会 【発行所】
発行
2009年12月07日
判型
B5判280頁
ISBN
978-4-433-37739-7
定価
4,400(本体:4,000円)

概要

日本税法学会は・・・
昭和26年11月設立、税法学の研究及びその研究者相互の協力を促進し、併せて内外の学会及び諸団体との連絡を図ることに目的としています。
*事務所:京都市左京区高野竹屋町30番地
*理事長:田中 治
*学会誌:「税法学」1992年500号突破

目次

[論説]
破産管財人の源泉徴収義務について…金井 恵美子

所得税法における包括的所得税と発生主義の接点
 ―包括的所得税は実現主義を排斥するか―…木村 弘之亮

課税処分取消訴訟に関する一試論…図子 善信

知的財産権取引をめぐる課税問題-研究序説…谷口 智紀

インセンティブ報酬の所得分類と課税時期…中尾 一博

節税と租税回避の区分再考…畑野 洋一郎

グローバル化と私的年金課税-ドイツの議論を参考に-…宮本 十至子

[判例研究]
船舶リース事件の経緯と争点…加藤 玲子

商品先物取引に係る損害賠償金に対する課税の可否…末崎 衛

宗教法人の動物供養施設と固定資産税…忠岡 博

租税法の文理解釈と要件事実認定にかかる判例-相続税法の小規模宅地評価にかかる「居住の用に供されていた宅地」の意義・適用判例-…松井 宏

申告書の記載誤りと更正の請求…四方田 彰 

[第99回大会シンポジウム―相続税をめぐる法的諸問題(討論)]

[学会記事]