清文社のオンラインストア

事例研究 証券訴訟

第一東京弁護士会総合法律研究所研究叢書③ 事例研究 証券訴訟 不実開示の法的責任

  • 第一東京弁護士会 総合法律研究所
    金融商品取引法研究部会 編著
発行
2011年05月10日
判型
A5判216頁
ISBN
978-4-433-55051-6
定価
2,640(本体:2,400円)

買い物かごに入れる

概要

有価証券報告書の虚偽記載をめぐる企業、役員、監査法人等の法的責任について
西武鉄道事件・ライブドア事件など重要裁判例を徹底分析!

目次

第1章 [基調報告]
    不実開示をめぐる法的責任と重要判例

第2章 [事例集]
    西武鉄道事件/ライブドア事件/日本システム技術事件/アソシエント事件

第3章 [講演録]
    不実開示に関する上場会社役員・監査法人の責任―判例の分析から経済分析を用いた因果関係と損害額の立証