事例でわかる 成年後見の実務手引

事例でわかる 成年後見の実務手引 便利な書式集CD-ROM付

  • 特定非営利活動法人シビルブレイン 編著
発行
2011年08月05日
判型
A5判212頁
ISBN
978-4-433-55281-7
定価
2,200(本体:2,000円)

買い物かごに入れる

概要

■成年後見実務に携わる人のための手引書。
~日本行政書士会連合会 北山孝次会長推薦!~
成年後見の理念、制度の基本的なしくみ、実務において必要となる民法の基礎知識など
成年後見人として多数の実績ある著者が後見実務をわかりやすく解説。

目次

第1章 はじめに(成年後見制度を学ぶ前に)
1 超高齢社会と長寿社会
2 「家族」の変容と介護保険制度
3 介護保険制度と成年後見制度
4 禁治産制度から成年後見制度へ
5 「市民後見人」の必要性

第2章 成年後見制度概論
1 成年後見制度の基本理念
2 法定後見制度のしくみ
3 任意後見制度のしくみ
4 その他の方法による財産管理等
5 成年後見人等の監督

第3章 成年後見を理解するための民法
1 なぜ、民法の理解が必要なのか
2 「法律行為」を理解する
3 「意思表示」の構造を理解する
4 意思能力(判断能力)
5 意思表示と表示主義
6 代理
7 成年後見人ができる「財産管理」とは
8 不法行為
9 過失責任主義
10 責任能力
11 過失責任主義の修正
12 成年後見人の責任~責任無能力者の監督者責任~
13 他の人に監督者責任が問われる場合~代理監督者の責任~
14 監督義務の内容
15 扶養
16 相続

第4章 社会保障制度について
1 障害者施策と障害者自立支援法
2 介護保険制度について
3 ケアマネジメントの過程
4 契約締結における事業者の義務
5 高齢者、障害者の医療
6 高齢者、障害者の年金制度

第5章 権利擁護に関わる行政・関連機関-支援のネットワーク-
1 自治体の高齢者障害者支援の制度~市長申立制度~
2 成年後見制度利用支援事業
3 社会福祉協議会~日常生活自立支援事業(権利擁護事業)

第6章 成年後見人の実務
1 成年後見人ができること、できないこと(しない方がいいこと)
2 成年後見人の事務
 コラム~成年後見人の心構え~
3 後見等開始申立手続
4 審判、後見登記
5 選任直後の成年後見人の実務
6 日常の成年後見人の実務
7 特殊事例
8 報酬付与の手続
9 保佐人・補助人の実務~成年後見人との違い~
10 確定申告について
11 譲渡所得について
12 贈与税及び相続税
13 期限後・修正申告、更正の請求

第7章 成年後見制度の課題と今後の展望
1 成年後見制度の活用が進まないのはなぜか
2 新しいかたちの成年後見

第8章 成年後見事例
事例① 成年後見人が選任されるまでの対応
事例② 生活資金を確保するために
事例③ 借金問題への対応
事例④ 入所施設との関係
事例⑤ 本人の意思をどこまで尊重できるか
事例⑥ 新族後見から第三者後見へ
事例⑦ 一人暮らしの高齢者を支援するには?
事例⑧ 相続に対応するには?
事例⑨ 入院時の注意点、医療同意

「書式集CD-ROM」について

著者紹介

執筆者一覧
有田伸弘 関西福祉大学 准教授
中井英樹 行政書士
佐野哲也 行政書士
岡田勇輝 行政書士
上村哲也 社会保険労務士・行政書士
松本直高 税理士・行政書士
中井孝文 司法書士・土地家屋調査士
水谷良平 税理士
辻井博之 行政書士
吉田恵子 行政書士