清文社のオンラインストア

会社分割と倒産法

第一東京弁護士会総合法律研究所研究叢書④ 会社分割と倒産法 正当な会社分割の活用を目指して

  • 第一東京弁護士会 総合法律研究所
    倒産法研究部会 編著
発行
2012年07月26日
判型
A5判340頁
ISBN
978-4-433-55062-2
定価
3,300(本体:3,000円)

概要

倒産法と会社法の交錯
濫用的会社分割をめぐる諸問題を整理

目次

第1部 会社分割法制と倒産法(総論)
第1章 本書の目的と構成
第2章 会社分割と倒産法理との交錯
   -偏頗的詐害行為の否認可能性
   -責任財産の割合的減少をどのように捉えるか

第2部 会社分割法制と倒産法をめぐる実務上の諸問題(各論)
第1章 濫用的会社分割と破産法上の否認権
   -詐害行為取消権との対比から
第2章 会社分割と破産法上の否認権の類型
第3章 情報開示と否認の要件
第4章 会社分割における詐害性
第5章 価額償還請求権をめぐる諸問題
第6章 良い会社分割と悪い会社分割のメルクマール
第7章 会社分割に関する立法の動向と倒産実務への影響

第3部 濫用的会社分割をめぐる裁判例

第4部 座談会