弁護士業務にまつわる税法の落とし穴

三訂版 弁護士業務にまつわる税法の落とし穴

  • 大阪弁護士会・友新会  編
    大阪弁護士協同組合 発行
発行
2015年01月22日
判型
A5判488頁
ISBN
978-4-433-53034-1
定価
3,300(本体:3,000円)

買い物かごに入れる

概要

弁護士・研究者が解く、「税法」の実践講座
平成27年1月以後適用の相続税法改正に対応。

目次

第1章 まず、所得税からやってみよう―税法もやっぱり法律だ!
第2章 譲渡所得の落とし穴―これを知らねば弁護士はできない
第3章 粉飾決算はこうして見破れ―法人税法の学び方
第4章 危険がいっぱい、相続事件―相続税だけではすまない相続事件
第5章 破産管財人は税金を忘れるな―倒産と税務の知識
第6章 質問検査にはこう対処せよ―質問検査と更正・決定の手続
第7章 国税債権に優先せよ―租税債権の徴収と私債権
第8章 マルサとの対応のポイント―査察事件への対処
第9章 税務争訟はこう戦う―納税者の権利を守るために
第10章 パネルディスカッション 弁護士業務にまつわる税法の落とし穴