不動産金融工学

明海大学不動産学部 不動産金融工学

  • 川口有一郎
発行
2001年06月04日
判型
A5判(上製)432頁
ISBN
978-4-433-26801-5
定価
3,850(本体:3,500円)

概要

ファイナンスの数学理論と経済理論に基づいて科学的な実証・仮説検定によって、不動産を分析することが中心的な方法となっている。こうした理論および方法を体系化したものが本書です。

本書のオリジナルティは、①不動産金融工学という新しい枠組み②その枠組みのもとで既存論文を組み合わせて③不動産の価格理論および不動産リスク管理の方法を示した事です。

目次

第1章 不動産の価格の決まり方(1)
第2章 不動産の価格の決まり方(2)
第3章 不動産鑑定評価理論
第4章 リスクを考慮したDCF法
    ─動的割引現在価値法
第5章 リアルオプション評価法
第6章 不動産の証券化商品の価格評価
第7章 不動産投資とリスク管理
第8章 不動産デリバティブによるリスク管理