建築空間の容積移転とその活用

都市再生を目指して 建築空間の容積移転とその活用

  • 日端康雄 編著
    容積率研究会 著
発行
2002年03月25日
判型
A5判276頁
ISBN
978-4-433-26931-9
定価
2,860(本体:2,600円)

概要

都市計画法、建築基準法改正による「飛び容積移転」の導入を機に、あらためて注目の「容積移転」について、学識者・行政担当者・実務者が、制度・評価・事例研究等さまざまな角度から解説した待望の書。

目次

Ⅰ論説
1 わが国の容積移転システムの現状と課題
2 東京都における容積移転制度の運用上の考え方
3 容積移転に関わる土地と建物の関係
4 鉄道線路敷地上空の容積の考え方
5 容積利用権の評価について
6 容積移転制度の日米比較
7 米国における容積移転制度
Ⅱ事例研究
1 日比谷シティ
2 東京オペラシティビル
3 山王パークタワー
4 JR東日本本社ビル
5 後楽森ビル
6 京都市における連担建築物設計制度活用事例
(小規模建物)