事業継続計画(BCP)策定のポイント

会社の災害対応力を高める 事業継続計画(BCP)策定のポイント

発行
2020年08月17日
判型
A5判/40頁
定価
330(本体:300円)

概要

事業継続の基本的な考え方と、危機対応能力を高めるためのBCP策定のポイントをできるだけわかりやすく解説。

特典・送料

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】

50冊以上サービス

 

【ご購入方法】

小冊子(税務・経営/安全教育)のご購入については、画面右上のお問い合わせフォームよりお申込みをお願いいたします。
お申込み時には、

①発送先(請求先)の氏名(社名)

②住所・電話番号

③ご注文の冊子タイトル及び冊数

 

を、お問い合わせフォームの本文欄に、必ずご記入いただきますようお願いいたします。

目次

概要編

Ⅰ 事業継続とは何か
 1 事業継続計画(BCP)/事業継続マネジメント(BCM)とは
 2 事業継続の取り組みの必要性

Ⅱ 事業継続計画(BCP)を作る際のポイント
 1 目標の明確化
 2 複数の戦略オプションの検討
 3 訓練を起点とした取り組みと継続的改善

実践編

Ⅰ 方針と自社内の体制を作る
 1 もう一度、会社の経営理念・事業の中核を確かめる
 2 目標と実施方針をはっきりさせる
 3 事業継続マネジメント(BCM)体制を明確にする

Ⅱ 被害を想定しながら、自社の弱点を知る
 1 自社と取引先で最もおそれるべき脅威を知る
 2 自社のヒト・モノ・カネの被害を想定する
 3 自社の被害の原因と課題を知る
 4 弱点を解決する対策を考える

Ⅲ 注力する業務と対応策を考える
 1 何を、いつまでに行うかを決める
 2 被害の状況に合わせた対応策を考える

Ⅳ 非常時の対応体制と行動の手順を決める
 1 対策本部体制を考える
 2 自社が被災した時の対応の流れを見える化する
 3 国の支援制度について確認する

Ⅴ BCP訓練で事業継続力を高める
 1 BCPの訓練の目的とは
 2 BCPの訓練手法
 3 BCMを企業経営に活かす

Ⅵ 新型感染症における事業継続の対応