労基署調査の対応ポイント

これだけは知っておきたい!! 労基署調査の対応ポイント

発行
2017年11月
判型
A5判/48頁(本文2色刷)
定価
330(本体:300円)

買い物かごに入れる

概要

労働基準監督署調査について、概要や流れから、指摘されるポイントや調査後の対応事例まで、わかりやすく解説。

特典・送料

【特典】

ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、

ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

貴(社)名印刷をご希望の場合は、

FAX申込用紙をダウンロードし、内容を記入して送信してください。

(買い物かごからは、貴(社)名印刷でのご注文はできません。)

 

【送料

50冊以上サービス

目次

第1章 今、なぜ、労働基準監督署調査が注目されているのか
1 労働基準法とは
2 労働基準監督署調査の意義

第2章 労働基準監督署調査の実態
1 労働基準監督署調査の概要
2 労働基準監督署調査の流れ
コラム 労働時間のキホン
3 よく指摘されるポイント
コラム 36協定ってなんだ?
4 是正勧告書と指導票
5 よくある是正勧告書・指導票の事例
6 調査に対する心構え
コラム 労基法改正議論の動向
7 正しい労働時間の把握義務
コラム 休日と休暇って違うの?
8 「未払賃金」の指摘
9 割増賃金の計算
10 様々な労働時間制度の特徴

第3章 今後の労務管理にどう活かすか
1 調査後の対応
2 調査事例から学ぶこと
3 中小企業が実践した職場環境が改善した一例