今、知っておくべきウィズコロナの法律知識

経営者の悩みに弁護士がこたえる! 今、知っておくべきウィズコロナの法律知識

発行
2021年04月26日
判型
B5判/32頁
定価
440(本体:400円)

概要

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、働き方に大きな方向転換が求められる今、

社会情勢の変化に迅速に対応し、企業を守るために知っておくべき法律知識について具

体例を用いてわかりやすく解説。

特典・送料

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】

50冊以上サービス

 

【ご購入方法】

小冊子(税務・経営/安全教育)のご購入については、画面右上のお問い合わせフォームよりお申込みをお願いいたします。
お申込み時には、

①発送先(請求先)の会社名・部署名・氏名

②郵便番号・住所・電話番号

③ご注文の冊子タイトル及び冊数

 

を、お問い合わせフォームの本文欄に、必ずご記入いただきますようお願いいたします。

目次

①経営者であれば知っておくべき労働法

 1 在宅勤務中に従業員が怪我をした!!

   これって労働災害になるの!?

 2 在宅勤務中の従業員から残業代の支払を求められた!!

   会社に支払義務はあるの!?

 3 従業員から新型コロナウイルス感染症の対策を求められた!!

   どういう施策が考えられる!?

 4 従業員が新型コロナウイルスに感染!?

   帰宅命令や自宅待機を命じる必要はある!?

 5 新型コロナウイルス感染症の影響によって原材料の仕入れなどができず、工場の操業が

   できない!!

   やむを得ず従業員を休ませる場合、給与の支払は必要になるの!?

 6 新型コロナウイルス感染症の影響により従業員に給与を支払えない!!

   従業員の給与を一方的に減額することはできる!?

 7 時差出勤制度を導入し、従業員に対して時差出勤を命じたら、従業員側の弁護士から

   拒絶する旨の回答が届いた!!

   従業員に対して時差出勤を命じることはできないの!?

 8 新型コロナウイルス感染症の影響で業績が悪化、閉鎖した店舗の従業員を整理解雇

   したら解雇無効の内容証明が届いた!!

   事業の悪化による解雇は無効なの!?

 9 新型コロナウイルス感染症の影響によって売上が予定よりも大きく減少!

   来年度入社予定者の採用内定を取り消すことはできる!?

 

②経営者であれば知っておくべき民法改正

 10 新たに従業員を雇用するにあたって、両親との間で身元保証契約を締結したところ、

    後日、弁護士から当該身元保証契約は無効であるとの内容証明が!!

    どうして無効なの!?

 

③経営者であれば知っておくべき下請法

 11 継続的に取引関係にある発注者から、経営悪化を理由に代金の一方的な減額を要求

         された!!

    これって、応じなければいけないの!?

 12 継続的に取引関係のある発注者から、経営悪化を理由に契約関係の解除通告が

         届いた!!

   何も言うことはできないの!?

 

④経営者であれば知っておくべきその他の法律

 13 新型コロナウイルス感染症の影響によって、取引先の資金繰りが困難に!!

    どう対応するべき!?

 14 新型コロナウイルス感染症の影響によって、翌月の家賃が払えそうにない!!

    すぐに契約が解除されるの!?