with&afterコロナ時代のテレワーク導入・活用と労務管理のポイント

with&afterコロナ時代のテレワーク導入・活用と労務管理のポイント

発行
2021年05月20日
判型
B5判60頁(本文2色刷)
定価
440(本体:400円)

概要

コロナ禍におけるテレワーク導入・活用を円滑に実践するにあたって、課題となる「従業員の

労働時間管理」「就業規則の整備」「情報セキュリティ」等に対処するための方策等をわかり

やすく解説。

 

特典・送料

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】

50冊以上サービス

 

【ご購入方法】

小冊子(税務・経営/安全教育)のご購入については、画面右上のお問い合わせフォームよりお申込みをお願いいたします。
お申込み時には、

①発送先(請求先)の会社名・部署名・氏名

②郵便番号・住所・電話番号

③ご注文の冊子タイトル及び冊数

 

を、お問い合わせフォームの本文欄に、必ずご記入いただきますようお願いいたします。

目次

第1章 急速に拡大する【with&afterコロナ時代】のテレワーク

 1 いまこそ、テレワークを活用すべき!

 2 テレワーク実施と労働関連法

 3 テレワーク導入・活用の検討にあたり、必須の視点

第2章 テレワークにおける労務管理

 1 労働時間管理の基本

 2 テレワークにおける労働時間管理のポイント①

   →始業時刻及び終業時刻の把握の現実的な方法

 3 テレワークにおける労働時間管理のポイント②

   →休憩時間・中抜け時間の管理、業務と雑談の区別

 4 「事業場外みなし労働時間制」の適用により、簡略化可能

 5 残業ルール明確化及び周知徹底

 6 健康確保対策→長時間労働防止・休日確保・深夜労働回避

第3章 忘れてはならないテレワーク実施上の対策

 1 情報管理の徹底・情報セキュリティ

 2 作業環境整備による社員の安全衛生管理

 3 テレワーク費用の負担

第4章 テレワークの実効性を上げるために

 1 社内研修・「試しテレワーク」

 2 業績評価・人事評価のポイント

 3 電子契約の活用

 4 コミュニケーションの円滑化

 5 オンラインハラスメント対策

第5章 テレワークにおける情報収集・コンサルティング、助成金・補助金の活用