就業規則変更の実務ポイント

中小企業のための 就業規則変更の実務ポイント

発行
2020年08月05日
判型
B5判/52頁
定価
440(本体:400円)

概要

具体的な就業規則のポイントを、20のトラブル事例で、わかりやすく解説。

特典・送料

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】

50冊以上サービス

 

【ご購入方法】

小冊子(税務・経営/安全教育)のご購入については、画面右上のお問い合わせフォームよりお申込みをお願いいたします。
お申込み時には、

①発送先(請求先)の氏名(社名)

②住所・電話番号

③ご注文の冊子タイトル及び冊数

 

を、お問い合わせフォームの本文欄に、必ずご記入いただきますようお願いいたします。

目次

1 就業規則未整備による思わぬ労使トラブル実例

2 就業規則整備の具体的ポイント
①就業規則は何のために作るのか?
②就業規則の絶対的記載事項
③就業規則の届出及び変更
Case
1 入社したばかりの従業員が業務中に交通事故を起こし、しかも無免許運転だったことが判明した
2 遅刻の常習犯が、電車遅延を理由に遅刻の取り扱いの免除を求めてくる
3 欠勤の連絡が一方的にメールでくるのを何とかしたい
4 副業・兼業がOKになった途端、キャバクラに勤め始めた従業員がいることが発覚した
5 通勤手当を不当に得ている従業員がいた
6 従業員がお店の看板メニューのレシピをSNS上で流してしまった!
7 従業員がマスコミに内部告発した
8 5年前に結婚した従業員が当時取れなかった結婚休暇を申請してきた
9 忌引休暇の日数の件で労使で揉めてしまった
10 従業員が、長期の年次有給休暇を直前になって申請してきた
11 従業員が自分の都合で休職したいと言ってきた
12 休職中の従業員が主治医の復職OKの診断書を提出してきたが、会社が指定医に診断させることはできるのか?
13 休職から復職した従業員がすぐに別の理由で休職を申し出てきた
14 ダラダラ残業をしている従業員がいて残業代が増えてしまっている
15 無断欠勤が続いた上に、退職届だけ送られてきて、貸与物が返却されない!!
16 無断欠勤が1か月も続いている従業員がいるが、どのように扱ったらいいのか?
17 退職後に不正が発覚した従業員がいた
18 健康診断を会社指定の医療機関以外で受けたいと言ってきたら、受けさせないといけないのか?
19 在宅勤務を命じたら、従業員に拒否された!
20 在宅勤務を認めたら、想定外の残業時間を申請してきた従業員がいた

3 就業規則運用で大切なポイント
①入社直後に就業規則の中身を説明することが大切
②従業員ハンドブックを作成して規則の意図を理解させる
③会社を守るだけでなく発展させるために応用的就業規則の活用法